まめ知識

目薬1本は何日くらいでなくなるか?

まず、目薬は1回に1滴で十分です。
なぜなら、1滴が約0.05mLなのに対し、まぶたの中に保持できる量は約0.03mLなので、1滴でも目からあふれる位だからです。
2~3滴さすことはもったいないだけでなく、目薬に含まれる防腐剤の影響で角膜が傷ついてしまったり、あふれた目薬のせいで目の周りの皮膚がただれてしまったり、緑内障点眼のいくつかの種類のものでは、目の周りの皮膚に色素沈着を起こしますので、気をつけて下さいね。

では本題です。
一般的に眼科で処方される目薬は1本5mLなので、1滴0.05mLとすると、1本で100滴になります。
1日2回両眼に点眼すると25日分1日4回両眼に点眼すると12.5日分になります。

1本2.5mL(1日1回点眼の緑内障の薬に多い)だと50滴なので、1日1回両眼に点眼すると25日分です。

もちろん、点眼に慣れていない場合など、1回1滴が難しいケースもあると思いますので、多めに処方をご希望の方はご相談ください。

前の記事白内障手術のタイミング