角膜炎(びらん・潰瘍)

角膜の炎症を角膜炎といいます。角膜とは一般的に「黒目」と呼ばれている部分です。角膜炎には、点状角膜炎と彌慢性角膜炎などがあります。点状角膜炎は、「流行性結膜炎」に感染してから1〜2週間で症状が表れます。彌慢性角膜炎は、カタル性結膜炎、トラコーマ、さかさまつ毛、ビタミン不足、涙の分泌が少ない、シェーグレン症候群などが原因で起こります。
また、ドライアイで涙が出なかったり、コンタクトレンズで角膜に傷がついたりすると、目の表面やまぶたの裏側の細菌によって角膜がおかされ、潰瘍をつくることがあります。潰瘍によって角膜の一部がえぐれた状態になった場合、これを角膜潰瘍といいます。
ほとんどは細菌などの感染が原因ですが、感染と関係なく発症するものもあります。目が健康な状態で、角膜の表面の膜や涙によって目が保護されていれば、細菌による感染の心配はありません。

症状

まぶしい、目がゴロゴロする、涙が出る、ぼやける、目が痛いなど

治療法

まず原因となっている病気の治療を行い、抗生物質、副腎皮質ホルモン剤、ビタミン剤の点眼を行います。
角膜潰瘍の治療には、何が原因で潰瘍ができたのかを調べる検査が必須です。すぐに受診してください。