結膜炎

結膜に炎症が起きて充血し、目やにが出るものを総称して結膜炎といいます。原因は、細菌やウイルスによるもの、異物、酸、アルカリ、アレルギーによるもの、ドライアイなどです。結膜炎には大きく分けて、急性のもの(流行性結膜炎、咽頭結膜炎、出血性結膜炎、トラコーマ)と、慢性のもの(濾胞性結膜炎、春季カタル)とがあります。
強い伝染力を持つウイルスが原因となる流行性結膜炎は、一般の結膜炎と比べ症状が非常に重く、角膜にも炎症が及んで視力障害を引き起こす可能性があります。

症状

目が充血している、目やにが出る、まぶたに栗粒のようなぶつぶつができた、涙がとめどなく出てまぶしくて目があけていられない、耳の前のリンパ節がはれている、など

治療法

治療には、混合感染を防ぐ意味で抗生物質の点眼や消炎剤の点眼を行います。この病気に関しては予防がもっとも重要で、かかった人は目にさわらないようにし、他の人とタオルや洗面器などの共用はやめましょう。また強い伝染力があるので、急性期には学校や仕事を休まなければなりません。すぐに受診して治療とアドバイスを受けてください。