弱視

弱視とは眼鏡をかけても視力が上がらない状態のことをいいます。斜視があると、ものが二つに見えたり、ずれた側の目でみる像がぼやけて見えるなどの理由により、無意識のうちにその目を使わなくなって視力の発達が妨げられてしまい、弱視になるおそれがあります。

症状

見えにくそうにしている、目の位置がずれている(斜視)、など

治療法

弱視にさせないようにしましょう。子どもは、見えないという症状を自分から訴えることはあまりありません。周りの大人からみて何か気になる症状を察知したら、必ず受診するようにしてください。