不同視

左右の度数が大きく異なる状態を不同視と呼びます。遠視、近視、乱視などの度合いが左右で異なるわけですが、見えにくい方の目は弱視となることが多く、注意が必要です。

症状

目が疲れる、左右の視力に差がある、など

治療法

子どもの場合は、メガネ、コンタクトレンズなどで視力の矯正を行います。
大人の場合は、メガネによる矯正では、左右の目で認識される大きさが異なってしまい、違和感をおぼえる可能性があり、コンタクトレンズでの矯正が考えられます。