乱視

眼は光を屈折させるレンズの役割をするたくさんの組織でできています。
私たちが自由に近くのものを見たり、遠くのものを見たりできるのは、それらを使って、光が網膜にぴったり焦点を結ぶよう自然に調整しているからです。
ところが、角膜と水晶体に歪みがあることによって、光の屈折が均一でなくなり、網膜にぴったり焦点を結べない状態が乱視です。眼球が均一な球体であれば乱視は生じないことになりますが、人間の目には歪みがあるのが普通です。

症状

よく見えない、像がぼやけて見える、など

治療法

多くの乱視は、近視や遠視と同様に補正レンズで矯正することが可能ですが、角膜の病気などが原因の乱視は矯正することが困難です。