遠視・近視

眼は光を屈折させるレンズの役割をするたくさんの組織でできています。私たちが自由に近くのものを見たり、遠くのものを見たりできるのは、それらを使って、光が網膜にぴったり焦点を結ぶよう自然に調整しているからです。しかし、この「網膜にぴったり焦点を結ぶ」ことができない状態が、いわゆる近視や遠視と呼ばれるものです。
近視は、光が網膜より前に焦点を結んでしまう状態です。遠くのものを見たときは網膜に焦点が合わないのでぼんやりしていますが、近くにあるものに対しては焦点を合わせることができます。原因としては、角膜や水晶体の屈折力が強すぎるために起こる近視と、眼球の長さが伸びてしまうために起こる近視とがあります。
反対に遠視は、光が網膜より後ろで焦点を結んでしまう状態です。遠くのものも近くのものもはっきりと見ることができません。角膜や水晶体の屈折力が弱いために起こる遠視と、眼球の長さが短いために起こる遠視とがあります。

症状

よく見えない、像がぼやけて見える、など

治療法

近視には凹レンズを、遠視には凸レンズ眼鏡やコンタクトレンズとして用いて補正します。